お知らせ

2020 / 04 / 16  14:22

雇用調整助成金の特例を拡充します

雇用調整助成金の特例を拡充します

厚生労働省より、雇用調整助成金について情報の追加がありましたのでお知らせします。

 

助成内容や対象を大幅に拡充します

 例:休業または教育訓練を実施した中小企業:3分の2から5分の4

 

雇用調整助成金の申請書を簡素化します

 ・記載事項を約5割削減     

 ・記載事項の大幅な簡略化     

 ・添付書類の削減

 ・添付書類は既存書類で可に  

 ・計画届は事後提出可能(~6月30日まで)

 

受給のための要件の更なる緩和をします

① 生産指標の要件を緩和します  

② 最近3か月の雇用量が対前年比で増加していても助成対象としています

③ 雇用調整助成金の連続使用を不可とする要件(クーリング期間)を撤廃しています

④ 事業所設置後1年以上を必要とする要件を緩和しています

⑤ 休業規模の要件を緩和します

 

詳しくは下記画像データをご覧ください

 

別添2「雇用調整助成金の特例拡充リーフレット」_page-0001.jpg別添2「雇用調整助成金の特例拡充リーフレット」_page-0002.jpg別添2「雇用調整助成金の特例拡充リーフレット」_page-0003.jpg別添2「雇用調整助成金の特例拡充リーフレット」_page-0004.jpg別添3「雇用調整助成金の申請書類簡素化リーフレット」_page-0001.jpg別添3「雇用調整助成金の申請書類簡素化リーフレット」_page-0002.jpg